ドライブを満喫しよう!

「トイレに行きたい!」けど言いづらい…そんな時は?

「トイレに行きたい!」けど言いづらい…そんな時は?

綺麗な景色を見たり、夜景を楽しんだり、車内で音楽を聴いて楽しい会話を弾ませたりと、ふたりだけの時間を普段よりも楽しめるのがドライブデートですよね。
でもそんなドライブデートを楽しんでいる最中に心配なことはトイレではないでしょうか。特に会話がとても盛り上がっているときや、彼が話に夢中になっているときにせっかくのムードが台無しになってしまうと思ってトイレのタイミングが掴めないこともあるかと思います。
長く付き合っているカップルならまだしも、まだお互いの距離感を確かめ合っているような状態の女性ならなかなか彼に「トイレに行きたい」とは恥ずかしくて言えないこともありますよね。そんなときのためにさりげないアピールの仕方をご紹介します。

勘の良い男性ならば

勘の良い男性なら少しアピールすれば気づいてくれます。たとえばコンビニがあったら寄ってもらっても良いかな?と聞けばそれとなく気づいてくれるはずです。
高速だったら次のサービスエリアまで遠いかな?といったような質問をすればトイレに行きたいということを察してくれるはずです。また、直接的ではなくても、お化粧直ししたいという旨を伝えるとそれとなく気づいてくれるはずです。

鈍い男性ならば

自分の彼が鈍いとは思いたくないですが、上記の質問をしても一向に気づいてくれない場合は残念ながら彼は少し鈍い方です。鈍い方にはもう少し直接的に伝えていかないといけません。
コンビニがあったら寄ってもらっていいかな?と聞いたときに、勘の良い男性なら「良いよ」と察してくれて深く聞いてこないと思いますが、もし「なんで」と聞かれた場合は「飲み物を買いたい」ということを伝えましょう。
そして他にも同様に察してくれない鈍い彼には理由付けをしてあげることが大切です。サービスエリアに寄って欲しいと伝えたあとに「コンタクトの調子悪いんだよね」といった具合に「なんで」に返す言葉を見つけておきましょう。

まとめ

せっかく楽しんでいるドライブ中には「トイレに行きたい」という雑念がない状態でふたりの時間を過ごしたいですよね。そういったときにコンビニに寄らなくても良い?と聞いてくれる勘の良い男性ばかりではありません。
自分から伝えなきゃいけない場合には「トイレに行きたい」と直接的に伝えなくても、コンビニやサービスエリアに寄って欲しいという旨を伝えましょう。そしてなんで?と聞かれた場合には化粧直しや飲み物が欲しいというプラスαの回答を持っておくとスムーズにやりとりができるはずです。

ページ上へ