ドライブを満喫しよう!

通勤にかかる費用の手当について

通勤にかかる費用の手当について

車通勤の際に会社より支払われる経費に関して知っておきましょう。マイカーで通勤すると電車の時間を気にせずに、車内で朝ごはんを取ることができるなどのメリットがありますが、ガソリン代を自分で負担するとなると交通費の心配がありますよね。
車通勤をする場合に出る通勤手当がありますが、この通勤手当は支給されるのが当たり前であるのかという点など気になるところを知っていきましょう。

支給は当たり前ではない

通勤に必要な費用である交通費の手当、通勤手当などは必ず支給されるわけではありません。労働に対して支払われる賃金とは違うので法律上の通勤手当などの支給は義務付けされていません。よって会社によって支給する、しないの自由があります。
通勤手当も会社によっては条件が多く付与されたりします。たとえば通勤距離の基準だったり、会社の経理に許可をもらう場合、夜間に勤務する人や部署などで限定するなどがあります。
よって会社から通勤手当が支給されることは当たり前ではなく、むしろもらえること自体は会社に感謝すべき点となります。車通勤を考えて転職を考える場合は通勤手当に関してもよく知ることが大切ですね。

駐車場の問題

もし車通勤をするなら駐車場に関する問題も出てくるはずです。会社の敷地内に無料で置ければそれに越したことはありませんが、付近の有料パーキングなどに駐車する場合は駐車場代を自己負担することもあります。また、駐車場代を自己負担しなければ車通勤が認められない場合もあります。
車通勤をしたいと考えた場合には、従業員の駐車料金に関する負担を会社がどのように捉えているのかを知っておく必要があります。

通勤手当の計算方法

通勤手当は最も経済的且つ合理性のある経路であること、手段であることが前提になっています。つまり、通勤費用が一番安い方法で出勤すれば通勤手当を支給するよ、ということです。電車やバスであるなら定期券や回数券でまとめて購入して安くしたりする必要があります。
では車の通勤を考えた場合はどのようになるのかを知りましょう。車通勤だと支給されている通勤手当と、実際に支払っている費用に差が生じることがあります。車通勤を利用した場合の通勤手当の計算方法は、往復の通勤距離を基準に勤務日数と、「ガソリン単価 / 平均燃費」で求められます。平均燃費に関しては国土交通省の「自動車燃費一覧」などを参考にするため、燃費の良い車で出勤することで実際に支払う金額よりも支給額がプラスになることもあります。
上記の計算方法はあくまで一般的な計算方法です。会社によって計算方法はまちまちなので自分の会社の計算方法をよく知っておきましょう。

ページ上へ